毎日の食生活でも実現できるアンチエイジングとは

毎日の食生活でも実現できるアンチエイジングとは?

 

毎日皆さんはどのようなものを食べて、生活をしていますか?
ちゃんと、出元が分かっている食材や、調味料を使って食事をしていますか?

 

アンチエイジングで5歳、10歳若返させられるかどうかは、細胞を若返させられるかどうかにかかっています。

 

その細胞一つ一つを作るものが、皆さんが毎日食べて体に入れている食材にあることは疑いの余地はないでしょう。

 

当たり前のことかもしれませんが、あなたの体は、あなたが今日食べたものでできています。

 

所在の分からない食材では、残留農薬物の量が多く使われている可能性が高いかもしれません。

 

そのような食材ばかりを食べていると、美容面でも健康面でも問題が生じていきます。

 

知らないところで、早く身体の老化が始まっているかもしれません。

 

日頃から、きちんとした食材を体に取り込んでいるとしたら、周りからいつまでも若々しく輝いていると言われるようになります。

 

それには5つの注意すべきポイントがあります。

 

1.旬の野菜をたっぷり摂る事

 

今は、季節に関係なく年中色々な食材が手に入ります。

 

でも、その食材の通常の収穫時期、いわゆる旬が一番おいしいです。

 

旬な食材は一般的に、新鮮で栄養価も高いと言われています。

 

その季節の土壌の環境、水、日照時間、気温や湿気といった、自然の恵みを頂いて育った食材に勝るものはないからです。

 

2.調味料をシンプルにする

 

皆さんは、調味料はお店で調達していますか?それとも、一つ一つ手作りをしていますか?

 

市販の調味料はお手軽に入手できて、金額の高いものは本当においしいです。

 

しかし、そういった調味料からは知らず知らずのうちに塩分、砂糖、油といった添加物を必要以上に摂っている可能性があります。

 

となると、調味料は自分の手で作ることがお勧めです。

 

こだわりの塩やオリーブオイルといった体に優しい油を使ったり、酢やしょうゆまでもお気に入りの生産地や生産者の明確な原料を使ってできた調味料ほど、体に優しいものはないのです。

 

3.香りも楽しむ

 

料理に香りづけができる、手に入れやすい野菜やハーブもたっぷりと使いましょう。

 

ねぎ、しょうが、大葉やニンニクなどは一年を通して入手できますし、家庭菜園などで育てられるハーブもしっかりと摂っていきましょう。

 

ハーブはできるだけ生のものが良いです。生ものはそれが持つエネルギーもあわせて吸収でき、体にとても良いからです。

 

4.腸もキレイにする

 

腸をキレイにする乳酸菌や食物繊維を沢山摂りましょう。

 

どんなに健康的な食材を摂っても、腸が健康でなければ意味がありません。

 

いくら食事にこだわっても腸の調子が悪ければ、悪いガスを発生させたりして腸内環境も最悪になります。

 

そのような状態で健康を保つことはできません。

 

そこで、腸をキレイにするために乳酸菌を体に入れてお掃除をして、腸から健康を作っていきましょう。

 

食物繊維も乳酸菌と同じようにお腹の中をお掃除してくれ、そのうえ乳酸菌のエサにもなるので、しっかり摂りましょう。

 

5.スイーツよりもフルーツ

 

日本は先進国の中で一番フルーツを食べない国です。

 

それは、フルーツは太るし、血糖値を上げるし肌にもよくないなどと言われているからです。

 

ですが、一番食べてはいけないものはフルーツではなくてスイーツではないでしょうか。

 

フルーツには糖分だけではなくて、食物繊維やビタミン、ミネラル、ポリフェノールといった抗酸化物質も豊富に含まれていて、おまけに低カロリーです。

 

これでもまだ、スイーツのほうがフルーツよりも良いと言えるでしょうか?

 

フルーツもしっかり食べることは健康にとっても良いことなのです。

 

最後に、アンチエイジングに大事な、老けない食べ方があります。

 

とにかくよく噛んで食べましょう。

 

これは食べすぎに効果がありますし、口をモグモグすることで顔の筋肉を鍛え、シワの予防にもなります。

 

あとは、羽目をはずしてジャンクフードを沢山食べてしまったり、お酒を沢山飲み過ぎた時には、水をたっぷりと飲みましょう。

 

そうして汗をかいたり、快便を心がけて少しでも悪いものは早く体の外に出していきましょう。

 

以上が、アンチエイジングに対して大事なポイントと言えます。

 

皆さんも心掛けてみてはいかがでしょうか。

 

さらにブライトエイジというエイジングケア化粧品を使うことで、ばっちり若返り効果が期待できますね。

 

 

ブライトエイジの効果とは >>>

 

 

トップページへ戻る。


page top