グリチルレチン酸ステアリル

ブライトエイジ注目の成分「グリチルレチン酸ステアリル」とは!?

 

ブライトエイジの中でも注目の成分であるグリチルレチン酸ステアリルは天然植物由来の油溶性有効成分で、抗炎症作用があるのが特長です。

 

化粧品に使用される場合は医薬部外品となり、代表的なアイテムとして乳液や保湿クリームがあります。

 

古くから薬草として親しまれてきた甘草の根エキスの主成分・グリチルリチン酸と、ステアリルアルコールをエステル結合して作られた結晶性の粉末です。

 

抗炎症作用をもつ一方でお肌への刺激が少なく、非常に安全性が高いことから、アトピー性皮膚炎や敏感肌の方でも安心して使用できます。

 

主に皮膚の炎症を抑える目的としてニキビや大人ニキビの予防、かぶれ防止、またそれらの悪化防止に使われることが多いです。

 

また、油に溶けやすい油溶性なので皮脂腺にもなじみやすく、保湿性もあることから、お化粧のノリが悪いと感じている方にはエイジングケアとしても効果的です。

 

お肌の調子を整えるだけでなく美白効果もある大変優れた成分なのです。

 

グリチルレチン酸ステアリルはオイリー肌のニキビに有効なだけでなく、乾燥肌や敏感肌で角質層が乱れ、炎症がおこりやすい状態も改善するため、お肌のバリア機能やターンオーバーを正常に保つ有効成分といえるでしよう。

 

さらに、うれしいポイントは、皮膚への刺激や毒性がきわめて低く、安全性が高いところです。

 

これまでアレルギー症状の報告はほぼでておらず、医薬部外品における含有量の範囲内なら安心して使用できる成分であることがわかっています。

 

しかし、ごくまれに赤みや肌荒れなどがみられるケースもありますので、使用前にはパッチテストをおすすめします。

 

また、目に入ると刺激を感じますので、目の周りに使用するさいは注意しましょう。

 

グリチルレチン酸ステアリルは化粧品としてだけでなく、病院で皮膚炎の治療に使用されることもあります。医薬品を作っている会社ならではの成分ではないでしょうか。

 

それだけお肌への効果が期待できる成分ということですね。

 

ぜひグリチルレチン酸ステアリル配合の化粧品を試して、はりのある健康的なお肌を手に入れてください。

 

 

トップページへ戻る。

 


page top